失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

トイレリフォーム

トイレの寿命ってどのくらい?トイレリフォームのオススメタイミング

リフォーム会社への相談で「トイレの寿命はどのくらいなんですか?」というものがあります。トイレというある程度形の出来上がっている製品ではあるものの、現在はその中でどのメーカーも切磋琢磨して様々な付加価値を開発、研究しています。

ここ十数年の間にトイレの機能は格段にアップしてきています。今回はトイレの様々な機能からメーカーそれぞれの主な特徴について見ていきましょう。

139035

 

トイレの寿命ってどのくらい?

便器は、以前は陶器のものが一般的でした。ヒビが入らない限り使おうと思えば100年でも使うことができます。

では、トイレの寿命は何年なのでしょうか?便器はヒビが入らない限り使おうと思えば100年でも使えますが、ウォシュレットやタンクの中に使われている部品は10年程度、便器につながっているパッキンや配管は20年程度で寿命が来ます。(もちろん、そのお宅のトイレの使用頻度によっても変わってきますのでご了承ください。)

トイレリフォームのタイミングはいつなのかと言えば、配管の寿命か、他の水まわりのリフォームのタイミングと合わせて行うのが効率的なので、築20年程度が目安になってきます。

まだ使えるのに交換するの?

実は、リフォームをしたいという方は「もっと快適に便利に暮らしたい」という気持ちを持って相談に来られる方が多いです。汚れて傷んできたから、使いにくいから、機能が劣るから、というような様々な理由でリフォームを考える人が多いのです。

まだ壊れてはいないけれど、もっと快適に、もっと便利に、もっと素敵に暮らすためにリフォームしたいと考えはじめます。つまり物理面での寿命でリフォームするのではなく、生活面で寿命がきたと感じた時にリフォームしたいと思うのです。

しかしトイレの場合、さらに言えば便器の場合は、古くても新しくても見た目の形があまり変化していないので、「リフォームしたい!」という欲求がわきにくく「とりあえず使えれば良いか」と思ってしまいがちです。

実は、こうしてトイレのリフォームのタイミングを見失っている人が非常に多いのです。

リフォームのタイミングの見極めは?

先ほどトイレリフォームのタイミングは約20年程度とお話ししましたが、それは水廻り全般を一緒にリフォームした方がトータルで見るとお得だからです。

しかし、20年経たないうちに水漏れや故障、経年劣化によるヒビなどの物理的な理由でトイレリフォームを余儀なくされる事もちろんあります。

故障してしまってから交換となると、トイレを使えない期間が出来てしまったり、急いで商品を選んで工事をしなければいけなかったりとあまり余裕を持ってトイレを選ぶことができません。

つまり物理面の理由からのリフォームは考える余裕もなく、後から「もっとこうすれば良かった」という点が出てきてしまいがちなのです。

ですから、そのような故障が出る前に交換することが大切なのです。少し調子が悪いと感じたり、多少の不便が生じたりしてきたらリフォームを考え始めましょう。

「リフォームしよう!」と思った時がそのタイミングなのです。その段階でどのような機能が欲しいのか、必要なのかを考えておくと良いと思いますよ。

見た目以上に現代のトイレは進化している!

実は昨今、トイレ(便器)ほど大きな進化をとげた設備品は無いと言ってしまえるほど、昔と今の製品は違ってきています。その中で暮らしに直結する清掃性と節水性能は特に劇的な進化を遂げています。

例えば、一見同じに見える便器の表面ですが、顕微鏡でやっと確認できようなレベルでツルツルになっており汚れがこびりつきにくい加工がされていたり、水流の設計技術の進歩で1回に流す水の量が4〜5リットルとなってきています。以前は12リットルなんて便器でしたから、1回流すごとに約8リットルも節水になっているのです。

形もよくよく見れば昔とはだいぶ変わってきています。とにかく本当に掃除が楽になり、節水になり、ここ10年で便器は急速な進化を遂げました。それに伴ってトイレメーカーもそれぞれ他者との差別化を図るために熾烈な争いを繰り広げています。

メーカーでそんなに差があるの?

トイレって形は大体出来上がっていて、そんなに差はないように見えますよね?では、メーカー別で何が違うのかご紹介していきましょう。

トイレと言えばTOTOというくらい非常にポピュラーなメーカーですね。現在、TOTOは日本全国でトイレのシェアはダントツ1位です。しかし家庭用の一体型便器に限って言えば、様相が変わってきています。

まずパナソニックが、陶器ではなく樹脂製の便器を開発、洗剤を入れるだけで自動的洗浄を可能にした便器を発売し、急速にシェアを伸ばしました。そこにLIXILが加わり、家庭用の一体型便器のシェアは三つ巴状態です。LIXILは元INAXです。INAXはもともと陶器の会社ですから、質の高い陶器を作ります。

さてどの便器を選べばいいでしょうか? よく見れば細かい違いはありますが、それほど変わりません。便器があって便座があって、フタがあって。お尻を洗ってくれるのも、便座が暖かいのもどれも同じです。

見た目はそう変わらないものを差別化して売る必要があるわけですから、設備メーカー側も必死です。このそっくりな便器たちの中で、自社の商品を消費者に選んでもらうために、様々な付加価値を模索し、研究しています。

各メーカー、似ているようでいて、それぞれに特徴があります。選ぶ側としては、その性能をじっくり見極める必要があります。自分にとってどの機能が必要でどの機能が不要か?しっかりチェックする必要があるのです。

打倒TOTOを掲げる、パナソニック、LIXILは?

パナソニックが躍進した理由は、自動洗浄装置のおかげです。食器用洗剤を横から入れておけば流すたびに内部を自動洗浄してくれる機能があります。家事をラクにしたいと思う気持ちをがっちり捕まえたカタチです。

TOTOも負けてはいません。トイレ使用後と8時間使用しない時には除菌水が自動で散布されます。この除菌水は洗剤を入れる必要はなく、水道水から自動で作っています。

LIXILは便座の付け根が持ち上がるお掃除リフトアップ機能で特許を取りました。また、陶器メーカーならではの油を浮かせて汚れにくい特殊な陶器を開発しました。

まとめ

この熾烈な争いは、今後どこへ向かうのでしょうか。ぜひ皆さんも、イベントやショールームで便器の実物にじっくり触れてみて下さい。意外な違いが見えてきますよ。

できれば、3メーカーの製品を並べて見てみると、違いが分かってくると思います。「百聞は一見に如かず」です。カタログではなく、実物を見て吟味してみてくださいね!

-トイレリフォーム