失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

給湯器

交換時期や設置場所は?リフォーム時の給湯器の交換について

給湯器はキッチン、洗面所、浴室の給湯や温水暖房など普段は意識しない部分で広く活躍しています。日常生活を見えないところで支えてくれる存在なのです。特に冬などはそのありがたみが身にしみますよね?今回はその給湯器交換についてのお話をしていきます。

282556

はじめに

給湯器が壊れてしまってからの交換となると業者を探し出し、交換工事までの間に時間がかかってしまうこともという事も少なくありません。その間、お湯が全く使えないのは言うまでもありません。お風呂も入れませんし、お湯も使えません。これが冬だったとしたら大変な騒ぎになります。一旦壊れてしまうとやはり相当不便なようです。

給湯器の交換の目安は?

給湯器の交換の目安は大体10年~15年と言われています。実際にはそれ以上使用できる場合も多いですが、あまり長く使用するとメーカー部品の保守期限が切れてしまい修理に対応できなくなることもよくあります。ですから、交換の目安は10年~15年と考えておくと良いと思います。

給湯器の故障のサイン

これらの症状が出てきたら交換を考え始めましょう。

  • 給湯温度が揺らいだり、設定温度よりも低かったりする
  • 給湯器からの水漏れがある
  • 給湯器の設置がぐらついている
  • 変なにおいがする
  • お湯を出すときに、ボンッと大きな音がするようになった
  • 電源が途中で落ちる

特に冬などは給湯器の使用頻度が上がり、故障の件数も増えるので修理工事も混雑しがちです。つまり、メンテナンスも混み合ってなかなか修理に入ってもらえないなんてこともよくあります。そうなる前に早めに考えておくことが大切です。

給湯器の交換は後回しにしがち…

給湯器は少し調子が悪くてもまだ使えるという事が多いため、何となく他の箇所に比べて、後回しにしてしまいがちです。しかし、10~15年たって給湯器を交換しないままだと、思わぬ事故や故障を招くことになってしまう事もあります。ですから、本来は10~15年を目途に、給湯器の交換を考えたほうが良いでしょう。

昔と比べてコンパクトな給湯器も出てきていますので、設置場所や大きさで迷っている方は、一度業者に相談してみるのもいいと思います。いつも当たり前のように使っている給湯器だからこそ、万が一に備える必要があるのです。

 機能を見直そう!

給湯器にはいくつか種類やグレードがあり、それによって機能も変わってきます。交換をする際に、折角なので同等品で良いと思わずに機能を検討してみるのも良いでしょう。

よくある例だと追い焚きのなかった給湯器を追い焚きのあるものに変更するというものです。追い焚きがあると温度調節がしやすく、浴槽のお湯を温めて入りなおすこともできるので非常に便利です。

・給湯+強制追い焚き

1台で浴室・シャワー・洗面所・台所の給湯とプラスで追い焚きができるタイプの給湯器です。

フルオートタイプ

一番グレードの高いものです。スイッチを押すと自動でお湯張りをしてくれます。適温・適量でストップしてお知らせしてくれるため、忘れていても大丈夫です。自動で保温したり足し湯をしてくれたりします。配管洗浄も自動でしてくれます。

オートタイプ

フルオートとの違いは、自動足し湯ではなく手動になるという事です。配管洗浄も手動になります。

定量お知らせタイプ

蛇口をひねって浴槽にお湯を入れるタイプです。設定の量のお湯が入ると、リモコンの音声またはブザーでお知らせしてくれます。その後、自分でお湯を止めに行きます。お湯が冷めたらスイッチを押して追い焚きをします。

標準タイプ

自分で蛇口をひねってお湯をためて、止めに行くタイプです。お知らせ機能はありません。

・給湯専用

1台で浴室・シャワー・洗面所・台所へ給湯できるタイプです。基本的に定量お知らせタイプと標準タイプの二つになります。

 給湯器の種類

給湯器と一概に言ってもいろいろなタイプのものがあります。まずは、給湯器のタイプについてご紹介していきます。

ガス給湯器

ガスを燃料にしている給湯器ですね。地域に寄りますが、都市ガスを使用している地域はガス給湯器を使用しているご家庭が多い傾向にあります。

石油給湯器

石油を燃料にして動く給湯器です。石油給湯器は寒冷地やプロパンガスを使用している地域のご家庭に取り付けてあることが多いです。

直圧式と減圧式

ガス給湯器でも石油給湯器でも、給湯器には直圧式と減圧式があります。直圧式は瞬間湯沸かし器と同じで、熱交換パイプに水を流しパイプを灯油ガスなどで温めて温度を上げます。ですから、水の圧力は出口、入り口が同じになります。

減圧弁方式のボイラーは貯湯式でタンクに溜めてある水を温めます。タンクの材質が鉄板、ステンレス板などの薄板のため圧力に耐えられないので減圧弁で圧力を下げて使用します。湯が溜めて有るので比較的温度が一定、制御が簡単、寿命も長いなどの特徴があります。

 

設置場所を考えよう

次に、事前に給湯器の設置場所を確認しておきましょう。設置場所は主に3種類あります。

屋外壁掛け設置タイプ

文字通り、家の外の壁につける形で設置するものです。もっとも主流な設置タイプです。

屋内壁掛け型設置タイプ

家の中の壁につける形で設置するものです。排気筒をつける必要があります。

屋外据え置き型設置タイプ

家の外の壁ではなく、地面に置くタイプのものです。地震などでも、落ちる危険がないため、安全性は高いです。

給湯器にカバーをしている?

お客様によっては給湯器全体を覆うトタンなどの金属を使用したカバーを取り付けている方もいらっしゃいます。雨や雪にさらされないようにという配慮ですが、給湯器にカバーをするのはあまり良くありません。排気をする部分もありますし、断熱材は入っていますが熱を持つ機械です。雨などに強い素材で外を覆っている商品もありますので、この部分も合わせて考えてみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?給湯器の交換は、意外とみなさん興味があまりないところだと思います。しかし、放っておいて、いざ使おうとしたときに使えないと、困ってしまうところでもあります。給湯器の交換は、10年をめどにして行うようにしましょう。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

-給湯器