失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

外装リフォーム

失敗しない!外壁リフォームについて~外壁診断編~

自分で自分の家を守る!

外壁のリフォームは色々と自分で考えてのぞまないと、失敗してしまいやすいリフォームです。業者に上手く丸め込まれて、自分の思い描いた完成とは程遠いものになってしまうかもしれません。自分がこれからも住んでいく大切な家守るためにも、外壁リフォームについて知っていきましょう。

 

外壁リフォームに関する注意点についてはこちらの記事をご覧ください。

”失敗しない!外装リフォームについて~外壁素材編~”

※今回の内容はこちらの続きとなっております。

 

しくしく

 

外壁の傷み

毎日何気なく目にしている自宅の外壁ですが、意外にも家をぐるりと一周しっかりと見ることなどほとんど無いものです。久しぶりに見てみると、いつの間にか傷んでいたということもよくあることです。

 

ここでは誰にでも見て分かる、外壁の傷みのシグナルになる症状を紹介します。あなたの家でも次のような症状が出ていないか確認してみて下さいね。

 

クラック

はじめはヘアークラックと言って髪の毛ほどの細かいひび割れが発生してきます。これを放置しておくと、太くなっていき壁内に水が廻るようになってきてしまいます。窓のまわりや建物の隅から発生しやすいものです。

 

褪色

色あせの事です。外壁の塗装は紫外線劣化により年々白っぽく色あせていきます。同時に塗膜の防水が切れてしまっています。濃い色のものほど褪色しやすい傾向にあります。

 

外壁材の浮き・反り

窯業系のサイディングやパネルボードなどは吸水性があるので、塗膜の防水が切れてくると、水を吸ったり乾燥したりを繰り返しているうちに浮き上がって反ってきてしまいます。ひどくなるとボード自体が割れてきてしまいます。

 

チョーキング

外壁を触ると、手に白または黒っぽい粉が付く現象を言います。褪色と同じく紫外線劣化により塗膜が粉をふいてきます。チョーキングが起きてくると光沢も大きく損なわれてしまうため、カビ汚れによる汚染も進んでしまいます。

 

カビの発生

青カビ・黒カビ・赤カビなど色々なカビの種類がありますが、塗膜の防水性が失われてくると雨水などを含み常に湿っている状態になります。よくあるケースとしては、緑色や黒色のカビが発生します。これが外壁の傷みに繋がります。

 

爆裂

寒冷地に多い凍害の症状です。窯業系の外壁材は冬期に吸い込んだ雨水が内部で凍結を起こし、素材自体を侵してしまいます。外壁がボロボロに剥がれ落ちてくる状態になってしまいます。窯業系の外壁材は爆裂の症状が出てくると、再塗装は難しくなってしまい、金属サイディングを上から貼る工事やサイディングを貼りかえてから塗装するなどの検討が必要になります。

 

サビによる腐食

金属系外壁材はサビによる腐食に注意が必要です。真っ赤に錆びてくると再塗装しても素材を侵しているのできれいに仕上がりません。赤サビの前段階の白サビの段階でサビ落とし(ケレン)をした後、再塗装することをおすすめします。

 

コーキングの劣化

サイディングボードは目地やつなぎ合わせ部分がコーキングにより処理されています。このコーキングは、早いものは5年くらいで収縮して隙間が出てきます。劣化が始まれば雨漏りに繋がりますので、隙間が出てきたらコーキングの打ち替えが必要です。

 

いかがですか?このような傷みは出ていなかったでしょうか?見方が分からないとか、見ていても判断がつかないという方も多いかもしれません。

 

外壁は傷んでしまってからでは、無駄に大きな工事費用がかかってしまいます。人間の体と一緒で、病気になってから対処するのではなく、「予防」という考え方が必要です。ひどくなってからの対処療法になる前に、必要であればプロに定期的に点検してもらうことも大切かもしれません。

 

しかし、これらの症状に関しては、ご自身で確認して事前に心づもりをしておくことが外壁リフォームを成功させるポイントの一つです。分からないと思って突然営業にやってきた業者の言いなりにならないためにも、知識を身に着けておきましょう。

 

外壁リフォームの種類について

よく聞かれる質問があります。「私の家は塗装がいいのですか?それとも金属サイディングを貼らないとダメなのですか?」というものです。これは、相談を受ける業者によって見解が違う事が問題になることがあります。

 

塗装を中心に商売をしている業者に外壁を診断してもらうと「まだ塗装で大丈夫ですよ!」と答えるでしょうし、金属サイディングを専門の商売をしている業者に相談すると「ペンキなんて塗ってもすぐにダメになります。お宅は金属サイディングを貼らないと!」と答えるでしょう。

 

本来、業者があるべき姿は、その家の傷みや種類に応じてプロとして最良の提案をすることです。また、正しい情報を提供する義務があります。しかし、残念なことに、基礎知識がないため自己中心的な業者の提案に勧められた施工方法で契約してしまう方が多いのも事実です。

 

壁の傷みの状況を理解し、何社かの見解を聞き、その上で納得できる業者選びをしましょう。

 

外壁リフォームの付加機能について

先程までは塗装にするか?サイディングにするか?という大きな方向性の話をしましたが、ここでは最近の外壁リフォームにおいて付加機能についてご説明します。

 

外壁リフォームとは、従来は次の2点の必要性がありました。

  • 素材保護(防水の耐久性など)
  • 美観(見た目)

これに加えて、最近では時代のニーズを受けて、上記2点以外にも塗装をするうえでの判断材料が増えてきています。

例えば、

  • 断熱性などのエコロジーな付加機能
  • 耐震性などの地震対策としての補強機能
  • 光触媒などで壁の汚れや空気を浄化する環境対策機能

などが挙げられます。

 

せっかく行う工事ですので、ただきれいにするだけではなく、外壁リフォームに最新の付加機能を付ける事も検討してみる事をおすすめします。

 

今回は外壁の傷み、劣化の症状に関するお話をしました。すべて業者にお任せでは、自分の望んだ完成形にはならない可能性が高いことを理解しておいてください。

 

家は自分の住んでいる「住まい」であり、これからも付き合っていく大切な暮らしのパートナーです。他人に任せるのではなく、自分である程度の判断をできるようにしておくと良いと思います。

-外装リフォーム