失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

外装リフォーム 屋根の工事

屋根リフォームを検討中のあなたに!自己診断チェックとカバー工法について

一般的なスレート屋根だと約10年ごとに塗り替えが必要になります。湿気などの影響で屋根材が少しずつ傷み、最終的には葺き替えするしかなくなってしまいます。そこでお勧めするのが「カバー工法」です。カバー工法にすると約30~40年間のメンテナンス不要で、長期的に考えればお得になるのです。

プリント

 

下地が傷んでいたらカバー工法を考えてみよう

実は屋根材の95%程度は、数年から十数年でリフォームが必要になってくることがほとんどです。その際、一度だけのメンテナンスならば塗り替えが一番安くて手軽な方法です。

しかし、軽量スレート屋根やコロニアル屋根と言われる屋根材を使っている場合、塗り替え工事によって雨漏れが発生しやすいというリスクがあることも事実です。約10年ごとに塗り替えを繰り返していくと湿気など水分の影響を受けて屋根材が傷んできて、結局は屋根の葺き替え工事が必要になってしまう事も少なくありません。

従って、以前の塗料の塗膜が剥がれて部らベラベラにめくれてしまっている場合や、日本瓦以外の屋根材を使っている場合は、塗り替えではなく「カバー工法(重ね葺き)」を選択して頂きたいところなのです。

一回分で言えば塗り替えよりも費用が多くかかりますが、2~3回塗り替えが必要な間もカバー工法を選んだ方がメリットは大きいと言えると思います。

工期も短く経済的

屋根のリフォームには、塗り替えやカバー工法以外に葺き替えという選択肢もあります。しかし、カバー工法は工事期間が短く、費用も抑えられるのが魅力的な部分です。しかも、カバー工法では既存の屋根を撤去する必要がないため、廃材が出ず地球環境に優しいことも特徴です。

また、昔のスレート屋根にはアスベストが含まれている事が多いため、葺き替えのために粉じんを飛散させる事になってしまいますが、解体がないカバー工法だとその心配もありません。すでに数カ所から雨漏れがある場合は、何カ所も修理塗装をするよりカバー工法で重ね葺きすれば、一度で問題を解決することが可能になります。

そんなカバー工法に適した屋根材で最もポピュラーなのはガルバニュウム鋼板になります。耐久性耐食性が高く、熱反射率耐熱性にも優れ、施工ミスも少ないことが特長になります。

瓦、スレート材、トタンなどあらゆる屋根材に対応できるのも多く使われている理由に挙げられます。最近は、このガルバニュウム鋼板より少し価格が高いものの、ガルバニュウム鋼板と芯材、裏面材を一体化して様々な性能を備えた高機能の屋根材も登場しています。

傷みが出る前に!屋根素材で異なる症状を自己診断チェック

では、あなたの家の屋根はどのような屋根素材なのかを比較検討してみましょう。自分でチェックする事で、なかなか見ない屋根の上を確認するいい機会にもなります。ご自身でチェックできる範囲とプロにチェックしてもらわないと分からない範囲がありますが、必要に応じてプロに相談してみて下さい。

スレート系(カラーベスト)

塗装目安:7〜8年

症状:色あせ、ズレ、割れ、サビ

代表的な屋根の一つで、石質の薄い板を使用しています。劣化すると表面の割れや反り、屋根面の接合部の下地の腐食、板金を止めている釘の浮きが起こりはじめます。10年以上経過すると汚れやコケが付いてきて、色あせも目立つようになるので内部に腐食が出ていないか点検をしっかりしましょう。

セメント系

塗装目安:10〜15年

症状:色あせ、色落ち、ズレ、割れ

セメント瓦とは、セメントと川砂を1対2〜3の割合で練り混ぜたモルタルを、型に入れて形成して塗装したものです。紫外線・風・雨・温度変化などによって塗膜の劣化が進行すると、素材のセメントの劣化も早くなってしまいます。もろくなってしまう前に定期的なメンテナンスが必要ですね。

粘土系(瓦)

塗装目安:20~30年

症状:コケ、軒先や屋根面のたわみ、ズレ、浮き、割れ

寿命が長く、色落ちなどがほとんどないのが和瓦の特徴です。汚れがひどい場合は洗うか、部分的に交換するかの検討が必要です。ズレや浮きがあれば、瓦を固定している屋根面の接合部の漆喰が崩れている可能性があります。コケや雑草を放置すると根から雨水を屋根に引き込む原因になりますので、注意しましょう。

金属系(銅板)

塗装目安:10~20年

症状:色あせ、色落ち、サビ、浮き

サビにくい金属としては古くから使われている、最も安くて経済的な屋根材になります。銅は緑青(ろくしょう)が出て、緑色に変色すれば、それ以降長期にわたって使用できます。接する素材との組み合わせで劣化が早くなると言われているので注意が必要です。

金属系(ガルバニュウム鋼板)

塗装目安:20~30年

症状:色あせ、色落ち、サビ、浮き

アルミニュウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ鋼板の事です。アルミと亜鉛で鉄を守るために耐久性・防火性に優れ、積雪のある寒冷地や海岸地域、強風地域などでも使用することが可能です。新建材で経年劣化の事例はありませんが、接合部の施工不良によるサビの発生などは出てくる可能性があります。

メンテナンスは「傷む前」に!!

いかがでしたか?屋根素材によっても劣化の状況が違います。屋根でも外壁でも、「傷んでしまう前」が「メンテナンスをするべき時期」になります。なかなか素人の方だと、かなり劣化が進行しないとメンテナンスをしなくてもいいと思っている方が多いです。

しかし、それではすでに「手遅れ」という事もよくあります。そうなってしまう前に、リフォームの専門家に相談して状態を見てもらうようにしましょう。外装リフォームは金額がどうしても高くなってきます。そのために、なかなか踏み出せないという部分もあると思います。

実際に「傷んでしまってから」では、補修費用などがかかり金額が余計にかかってしまうという事が本当のところです。早めに行動することで、金額を抑える事に繋がりますので、是非行動してみて下さいね。

-外装リフォーム, 屋根の工事