失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

外装リフォーム

火災保険が使える!屋根雨樋の補修について

「雪で雨樋が曲がってしまった」「突風で屋根の上のアンテナが外れてしまった」という相談がリフォーム会社にはよく寄せられます。実は、このような場合には火災保険が使える事があります。

370042

 

火災保険の補償について

火災保険って火災にしか使えないと思われがちなのですが、保険の証書やパンフレットをしっかり見てみると「自然災害」という項目や「風害」「雪害」といった項目があるのです。火災保険は火災時の補償だけでなく、自然災害にも対応した保険なのです。まれに自然災害を外している方もいらっしゃるので、分からなければ証書を確認しましょう。

では、何故そのことがあまり知られていないのでしょう?

保険会社はお金を支払う側ですので声を大にして言いたくはありません。しかも保険を使うってなにか悪いことをしているかのように感じたり、申し訳なく思ってしまったりするのも日本人の特性なのでしょうね。

火災保険で補修可能な箇所

火災保険で補修できる箇所は案外たくさんあります。雨樋・瓦・漆喰(しっくい)・雨漏り・カーポート・ベランダ・TVアンテナ等も火災保険で修理できる可能性があります。自動車保険のように使うと保険金が上がるようなペナルティも全くありません。

 

火災保険で屋根修理ができる例

突風・強風・台風・豪雨などの強い風により破損した場合
  • 雨漏り
  • 棟板金の浮き、釘の浮き
  • スレートの浮き
  • 風で破損した雨樋
  • 長期間の雨風による漆喰の崩れ
  • 突風によるアンテナの被害
積雪・落雪・ヒョウで破損した場合
  • ずれてきた雪で歪んだ雨樋
  • 落雪で破損したベランダ屋根、テラス屋根
  • 積雪で倒れたカーポート
  • ヒョウで壊れたカーポート

 

火災保険で修理できない例

・100%経年劣化だと思われる場合

この経年劣化の判断が難しいところで、保険会社の鑑定士によっても意見の分かれるところです。「古くなったから」と自分で思い込んでしまわないで下さい。プロに見てもらうと、保険適応外ではない可能性もあります。まずはリフォーム業者に確認してみましょう。

保険申請の方法について

では、どうやったら火災保険の申請ができるのでしょうか?その手順についてご説明しましょう。

①リフォーム会社に相談

まずはリフォーム会社に相談しましょう。屋根・雨樋の状態を診断してもらい、写真や簡単な図面を取ってもらいましょう。業者によりますが、火災保険申請に慣れている会社もあります。分からないことは質問しましょう。

②保険申請に必要な書類を揃える

次に、火災保険申請に必要な書類を揃える必要があります。

  • リフォームの見積もり
  • 被害箇所の分かる屋根の図面(手描きでもOK)
  • 被害箇所の写真

必要な書類は保険会社によって違いますが、これだけあれば大体は大丈夫です。この資料は自分では作ることは難しいので(特に見積もり)、業者にお願いすれば作ってもらえます。ただし、工事をその業者でしてもらうようにして下さいね。

保険支給額をどのように使うかはあなたの自由です。ですが、社会に出ている全うな大人として「お金をもらうため」に業者を使うのは良くありません。この部分は良心や倫理的な部分ですが、常識としてわきまえておいてほしい部分です。

③保険会社に一報を入れる

自動車保険と違うのが、この部分です。保険会社にはご本人かご家族から一報を入れてもらう必要があります。この部分をリフォーム会社に任せる事はできませんので覚えておきましょう。

また、この時に「古くなったから(経年劣化)」という言葉を使うのは厳禁です。火災保険が使えるのは被災してから3年以内という保険会社がほとんどです。言葉としては「雨樋が今年の雪で傷んだ」「この前の突風でアンテナが破損した」などという言葉を使いましょう。

火災保険は長年かけてきてほとんど使った事がないという方がほとんどです。その部分への遠慮は必要ありません。しっかり保険支給を受けて補修してもらいましょう。

④鑑定立会

保険会社によっては、送付した資料から保険支給額を決定する会社もあります。しかし、実際に現地確認を鑑定士が来て確認して行くという会社もあります。ご本人が立会できればして頂きたいですが、平日の昼間という事が多いため、資料作成をしてもらった業者にお願いすると良いと思います。

⑤保険会社からの書類記入

保険会社から送られてくる請求書等の書類への記入をして下さい。

⑥保険支給額決定

保険支給額が決定すると、保険会社から連絡があります。書類であったり、電話であったり様々ですが知らせがあると思って下さい。ここで、注意としては見積もり通りに保険が下りる事はほとんどありません。保険によっては、被災金額によって一律いくらと決まっていることもあります。場合によっては補修したい部分すべての補修が出来ない可能性もあります。そのことだけは覚えておいて下さい。

⑦工事着工

このような順序になります。

注意する事

保険会社に安易に電話をするのはやめましょう。はじめの電話連絡自体が保険申請扱いになりますので一度否決されてしまうと、再申請(再度電話すること)して取り合ってもらえません。保険会社が一旦否決としたら、それを変更することは非常に難しいので注意しましょう。

また、保険申請から支給までにかかる期間は保険会社によって異なりますが、1~3か月ほどかかると思っていて欲しいです。お金が関係する事ですので、様々な手続きや書類を保険会社も処理します。その部分だけは分かった上で申請して下さいね。

専門業者を探そう

保険会社に提出する資料は通常の屋根修理業者でも作成はしてくれます。しかし、通常の屋根修理業者に依頼すると保険適応の修理箇所を適正に見極める事が出来なかったり、保険申請の的確なアドバイスを受けることが出来なかったりすることがあります。

専門業者であれば、保険支給額に合わせてその金額で出来る工事をしてくれます。追加でお願いしていれば別にはなりますが、対応はしてくれるでしょう。火災保険申請にも慣れていますから、相談にも乗ってくれますしアドバイスもしてもらえます。

まとめ

火災保険を使って工事をする事についてご説明してきました。手順などを中心にお話しましたが、悪徳業者などもいるのでこの点に関しては注意が必要です。その地域に根付いた企業であれば、噂も出ますのでそんな企業はないでしょう。

-外装リフォーム