失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

外装リフォーム

色別比較!外壁塗装の色選びについて

外壁塗装リフォームの色選びの際、本当に気に入った色にできるよう、ベージュ系、グレー系、ブルー系、グリーン系の基調の4色を上手にまとめる方法や、おしゃれなおすすめカラーをご紹介していきます。

4色

 

外壁色別コーディネート

外壁塗装の色選びの時に多い失敗と言えば、サッシと色が合わなかった、汚れが目立つ色だったというものです。他にも、街並みから浮いている、安っぽい、洋風にしたかったのに和風になった、なんとなく落ち着かないなどの声もよく耳にします。

選ぶ時に重要な鍵になるのは、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)、そしてサッシの色との調和です。それではさっそく基調の4色のうちの1つめ、ベージュ系からご紹介します。

ベージュ系

外壁にベージュや白などの明るく淡い色を使うと、家を大きく見せる効果もあります。またサッシの色を選ばず、洋風でも和風でもオーソドックスにまとめやすい色です。

しかし失敗が多いのもこのベージュや白。少し色味を付けたいとアイボリーを選んだはずなのに、真っ白に見える、優しいベージュを選んだはずなのに、レモンイエローのように黄色味が強く見えて落ち着かないといった失敗がよくあります。

色は広い面積で見ると、人間の脳と目の構造上より明るく鮮やかに感じられます。色味を出したい場合は濃い目を選び、落ち着いた雰囲気にしたいならパステルやシャーベットカラーは避けた方が良いでしょう。

シックにまとめたいなら、彩度(あざやかさ)と明度(あかるさ)を落とすのがポイントです。選ぶのが難しいと感じたら、彩度を下げて選べば、どんな家でも無難にまとめることができます。また茶味がかったアーモンド色もシックで合わせやすい色です。サンプルではちょっと濃過ぎると感じるくらいでちょうどよく仕上がります。

洋風の家でちょっとだけ冒険したい場合は、オレンジ掛かった濃いクリーム色、卵の黄身色もお勧めです。個性的でありながら品よくまとめることができます。ただし、ブロンズ系サッシの家の場合は、鮮やかな色はバランスが悪くなるので注意しましょう。

また外壁を真っ白にしたい場合は、サッシやドア、タイルなど他の部分がアクセントになりますので、ぼけないようメリハリをはっきりつけると、おしゃれに仕上がります。

グレー系

グレー系の外壁は、今注目のカラーです。濃淡を調節することで、白、黒、ブロンズ系のサッシのどれにでも合わせやすく、モダンな雰囲気を出すことができます。またナチュラル系を少し辛口にまとめたい場合にも向いている色になります。

ただし、薄いグレーは汚れた白に見えることもあるので要注意です。特にモルタル面の塗装の場合には、試し塗りをして見え方を確認しましょう。おしゃれにまとめるポイントは、濃い目のグレーを選んでハッキリと色を主張させるか、白や黒のサッシをアクセントにして壁面とメリハリを効かせるようにすると、グレーが生きてきますよ。

ブルー系

ブルー系の外壁は、華のある明るい雰囲気を作ります。合わせやすいサッシの色は白か黒です。ブロンズ系には合わせにくいので注意しましょう。ただし淡いブルーは、塗り上がると真っ白に見えやすく、また汚れが目立ちやすい色でもあります。ブルーを選ぶ際には、少し濃い目・暗めを選ぶようにするのが、上手にまとめるポイントです。

洋風でブルー系を使う場合のオススメ色は、ウェッジウッドブルーです。白いサッシや玄関ドアとよく調和し、品よくおしゃれにまとまります。

和風の場合は、彩度と明度を落として濃紺に近い深いブルーにすると、個性的でモダンな雰囲気を出すことが出来ますよ。

グリーン系

グリーン系の外壁は、彩度と明度を調整していくことで、クラシックな洋館風から明るく元気な洋風、シックな和風まで多種多様な演出することが可能です。洋風なら、萌黄色やペパーミントグリーンなど、彩度と明度の高い色を選ぶと、明るく華やかな雰囲気になります。ただし、これらの色はブロンズ系サッシとはあまり合わないので注意しましょう。

またサッシ、タイル、玄関ドアとの色合わせが難しいと感じたら、外壁の彩度を徐々に落としながら考えていくと、だんだんとバランスが取れてきますので試してみて下さい。

サッシが白い場合は、深く濃いグリーンの外壁に塗装するのも良いと思います。ちょっと冒険するようですが、落ち着きのある品のいい仕上がりになります。

和風の場合は、彩度を上げると失敗しがちです。サンプルでは結構渋く見えたのに、出来上がったら想像より明るくポップになったという失敗が多いので、注意しましょう。

コツは、抹茶色など和の色合いを選ぶ、彩度を下げる、黄色味の強い土壁など自然素材の色を意識すると、いい雰囲気にまとめることができます。

ツートンカラー

2色で塗り分けるツートンカラーは、色量のバランスに注意ツートンカラーにしたい場合は、まずはどこで色を区切るかを考えてみましょう。上下で分ける方法や、出っ張っている部分だけに色を付けるなど様々な分け方があります。

仕切りが無く壁の真ん中で区切りたい場合は、壁面に見切り材を取り付けリフォームすれば、そこで色を変えることも可能です。

外壁の塗り分けを成功させるポイントは、色量のバランスと、色の組み合わせをしっかり押さえておきましょう。色量のバランスは、2色を5:5にするのではなく、6:4から7:3程度にまとめるとバランスよく見えます。また上下に塗り分ける場合は、下を濃い色にすると、落ち着き感が出てきますよ。

色の組み合わせ方は、同系色でグラデーションにする方法、全く違う色でメリハリをつける方法などがあります。微妙に違う2色を組み合わせると、色を継ぎ足したように見え、ぼけた感じになるので注意しましょう。

色を選ぶのが難しいと感じたら、同じ色相(青、緑、茶色などの色合いのこと)で、明度(明るさ)や彩度(あざやかさ)を変えて組み合わせると、上手くまとめることができます。またサッシ、タイル、玄関ドアなどが占める色の分量は意外と多く、アクセントカラーとしての存在感があるものになります。これらを含めた家全体の色数と色量で、全体のバランスを取るように選びましょう。

まとめ

今回は外壁塗装の際の色別コーディネートについてご紹介しました。お金持ちでない限り、外壁は頻繁に何度も塗り替えるものではありません。自分のお気に入りの色にするためにどのような色が自分の家に合うのか、しっかり吟味して頂きたいと思います。参考にしてみて下さいね。

-外装リフォーム