失敗しないリフォーム業者の選び方

リフォーム初心者の方に『失敗しないためのリフォームのコツ』を紹介します。

*

浴室リフォーム

風呂リフォームのポイント!在来工法やユニットバスの注意点とは

「お風呂は日々の疲れを癒してくれる場所」という方も多いと思います。一日の疲れを癒すのんびり出来る場所という方もいるでしょう。そんなお風呂場はやはり綺麗な方がいいですよね?

「浴室丸ごとリフォームして綺麗にしたい!」と思っても結構値段が高くて、あきらめてしまうという事も多いのではないでしょうか。カタログをめくっても浴室は結構高い感じです。

21c8271d1f978fedf786c1faede1ebfd_s

浴室リフォームをお得にする3つのポイント

この3つがポイントになります。

1.標準から外れる工事にしない
2.工事をする業者に直接頼む
3.見積もりを比較する

では、順に見ていきましょう。

1.基準から外れる工事にしない

リフォームをお得にしたいのであれば、断然ユニットバスがお勧めです。
浴室リフォームには大きく分けると「在来工法」と「ユニットバス、システムバス」の二つの方法があります。

「在来工法」

家の中の一室を浴室として利用する方法になります。基本的にオーダーメイドなので、デザインや素材など好きなものが選べて自由度が高いことが特徴です。通常の部屋の為、ユニットバスに比べて防水や防熱機能が低い点がデメリットになります。

長所

・好みの材料で浴室を作れる。
湯船をヒノキにしたい、大理石で内装を作りたい、ガラス張りの浴室にしたい、などという場合にはこちらの「在来工法」を選ぶとよいでしょう。

短所

・断熱性があまり高くないので、冬場は寒いこともある。
・古くなると水漏れの心配もあるため、厳重な防水対策が必要になる。
・より自分好みの浴室を追及すると、リフォームの施工期間が長くなり、費用も高くなる。

「ユニットバス、システムバス」

工場で床・壁・天井・浴槽等を作成し、現場で組み立てるお風呂です。既製品の為、デザインや素材などは規定の中から選ぶことになります。部屋の中にユニットを置く形で二重構造になる為、防水や防熱機能が高いという特徴があります。

長所

・防水性・断熱性が高い
・すでに工場で作られているものを設置するだけなので、施工期間が短く、費用も抑えられる
・浴室内の丸洗いができ、日々の掃除や手入れが楽。

短所

・工場で大量生産されるため、もともとの浴室が特殊な形をしていたり狭かったりすると、選べる種類が少なくなってしまう

最近の流れを見ていると、在来工法から、ユニットバス、システムバスが主流となってきているようです。実際に様々なご家庭にお邪魔しますが、ユニットバスやシステムバスを見かけることが多くなりました。

ユニットバス、システムバスはいわゆる既製品なので、値段もお得になります。デザインや素材などもかなり幅広い中から選べるようになっているので、値段を抑えたい場合はこちらの方がオススメです。

2.工事をする業者に直接依頼する

浴室のリフォームをしようと考えた時、あなたならどこにお願いしますか?身近なところだと付き合いのある不動産業者やハウスメーカーになるかもしれません。

しかし、大抵の不動産業者やハウスメーカーに頼むと費用が高くなってしまう事が多いです。
これは不動産業者等やハウスメーカーに仲介の手数料がかかってしまうためです。

また場合によりますが、ホームセンターなどのリフォーム会社でも手数料が発生して高くなってしまうこともあるようです。一番安くなるのは、工事をする業者に直接頼むことです。手数料などが発生しない分安くお願いすることができます。

 3.見積もりを比較する

見積もりを比較するのは一番重要になってくる部分です。お馴染みの業者であれば、ついそちらに頼みたくなると思いますが、同じメーカーのユニットバスであっても、業者ごとに見積もりに違いが出てくると思います。

理想的なのは、数社から見積もりを取って比較してみることです。サービス内容や値段を比較して決めることができるからです。

浴室リフォームの前に注意しておくこと

お風呂のリフォーム工事をする際に注意しておくことをご紹介しましょう。

工事中のお風呂について考えておこう!

リフォームの間はお風呂に入ることができません。場合によりますが、1日~1週間ほどになるでしょう。夏場などはお風呂に入れないと困ると思いますので、周囲に銭湯がないか調べておくとよいでしょう。

また銭湯がなくても、近くにスポーツジムやプールなどがあれば、1日利用券でシャワーを利用することができます。または、仮設のお風呂を業者に用意してもらうという手もありますので工事期間中の事を考えておくとよいですね。

 信頼のできる業者にお願いしよう!

先程ご紹介した3つのポイントの2つ目でご紹介しましたが、金額に関しては直接施工する業者にお願いする方が安く工事をすることが出来ます。しかし業者選定に関しては、金額だけで決めてはいけないという事があります。

例えば、施工業者は組立のしやすい自分の工事のしやすいお風呂を勧めてくるでしょう。そのお風呂が本当に自分の欲しい機能のある商品なのかを良く考えて頂きたいです。

ですから、間に業者を入れる事は悪いことではありません。リフォーム会社であれば様々な商品を扱っていますし、様々なお風呂を見てきているので的確なアドバイスがもらえる事が多いのです。

しっかり信頼のおける人かどうか、会社かどうかを吟味して決めるようにしましょう。もし、欠陥工事などがあるとまた風呂を工事しなければいけないなんてこともある可能性があります。一度組み立ててしまったものをもう一度組みなおすという事は時間がかかりますし、追加料金を取られてしまう事もあります。

いくら安いものをと思っても数十万はする買い物です。これから何年も何十年も付き合っていくものを購入するわけですから、妥協はしてほしくないですし後悔もして欲しくはありません。施主が納得のいく工事が出来る事が大切なのです。

まとめ

今回はお得にお風呂場の工事をするポイントをご紹介しました。「安かろう、悪かろう」では困りますから、額面だけではありません。相見積もりを取って様々な業者の意見を聞いて、実際にショールームに足を運んで実物を見てみる事が非常に重要になってきます。1日の疲れを癒す大切な空間ですから、しっかりと妥協せずに選んで頂きたいですね。

-浴室リフォーム